元農水次官の長男殺害事件に見る「殺人容認社会」(2)

元農水次官・長男殺害、「親が始末つける」は危険な発想…無理心中を誘発、親と子は別人格
https://biz-journal.jp/2019/06/post_28236.html

この事件に対する世間の反応には色々と考えさせられるものがあります。

報道によれば、加害者である親は長年息子からの深刻なDV被害を受けていたという事なので、とてもお気の毒だと思いますが、もっと早い段階で警察沙汰にしておくべきでした。
そして暴力から身を守るためとはいえ、丸腰の相手を包丁で何度もメッタ刺しにする必要はあったのか?
過去に振り返れば、最初に手を出したのは本当に息子の方なのか等、疑問はあります。

親しか頼るもののない幼い子供に凄惨な虐待を日常的に加え死に至らしめるような、卑劣な虐待事件が当たり前のように起こってしまう今の世の中においては、今回の事件はむしろ「平和な事件」と言えてしまうレベルなのかもしれませんが、それでも私は「殺人行為」を絶対容認してはいけないと訴えたいです。

元農水次官の長男殺害事件に見る「殺人容認社会」(1)
http://anmanga.cocolog-nifty.com/anma/2019/06/post-0e3d1e.html

| | コメント (0)

元農水次官の長男殺害事件に見る「殺人容認社会」

元農水次官の長男殺害事件 70代父親が口論からパニックか…小川泰平氏が分析
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000106-dal-ent

事件そのものより、コメント欄で、殺人行為を容認どころか美談のように語ってる人が多くて仰天してます…

被害者が死亡している今となっては死人に口なしな感じが漂いますが…
この事件に限らず、なにか気に入らないこと、思い通りにならないことがあれば、暴力に訴えても良い、物を破壊しても良い、挙句の果てには人殺しすら正当化してしまうような、自己中心的な思想が蔓延していることが、罪のない無関係の人たちが犠牲になる凶悪犯罪を引き起こす野蛮な土壌をガッチリ形成してしまっていると言えるでしょう。

本来であれば絶対に認めてはいけない私刑的殺人行為にわざわざ同情的なコメントを発信している人たちは、自分が将来高齢になり、足が不自由になったり、認知機能が怪しくなってきた時に、世間になにか迷惑をかけてしまうかもしれないという事で(上級国民等とバッシングを受け続けている池袋の暴走事故等もありましたし)家族から予防措置的に殺害されたとしても、文句は言えないですよね?

元農水次官、川崎殺傷に触れ「長男が危害加えては…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000018-asahi-soci

| | コメント (0)

30年近くぶりに電気工事士試験(2種)を受ける

とてつもなく久しぶりにブログを更新しますm(_ _)m
niftyココログ全面リニューアルおめでとうございます!

最近と言うかここ1年くらいの個人的出来事と言えば、色々訳あって30年近くぶりに電気工事士試験(2種)を受験したりしてました。

いくらなんでもブランクが空きすぎだろ!という感じですが、後がなさすぎるので背水の陣で臨んで、何とか合格できました(^ ^;

Ns_136

長年の悲願が叶ったわけで、本来なら大喜びしたいところなんですが、さすがに年月が流れ過ぎたということもあって色々と喜べない状況になっていますorz

そして30年近く前に、電気工事士試験に落ちた時の事も(昔のことすぎて記憶が曖昧ですが)またの機会に語りたいですねf(^ ^;

| | コメント (0)

「NMB須藤バッシング」は人権侵害

NMB須藤の“結婚宣言”、カンニング竹山は擁護「その子はその子の人生がある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00010001-musicv-ent
 
AKB商法、売る方も最悪ですが、買う方も買う方だなぁと、須藤凜々花さんの結婚宣言騒動を見ていると、つくづく思います。
 
カンニング竹山さんのコメントは、至極真っ当で、的外れでもなんでもありません!
 
そもそも「他人に結婚するなとか恋愛するなとか強要するのは人権侵害」という認識が全く無いんでしょうか…
 
今まで応援しておきながら、プライベートでの交際が発覚した途端、手のひら返しでバッシングするのは、結局のところ、その人の歌とか音楽とかのパフォーマンスには全く興味がなくて、いやらしい下心だけで応援してましたオーラがあふれ出てるようで、非常になんというかアレな感じです…
 
何はともあれ、握手券とか投票権とか、音楽とは全く関係ない商品を大量に売りつけるビジネスに、日本の音楽業界が蝕まれてしまったのは、とても残念でした。
 
服部克久さんとAKB48

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【淡路島】関空<->洲本航路復活??【ジェノバライン】

以前チラッと噂を聞いた、関西空港<->淡路島(洲本)航路再開の話が現実味を帯びてきたようで…

■関空-淡路島を1時間で結ぶ 定期航路が来春10年ぶり復活へ
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/160929/plt16092910130007-n1.html

バイクも積める新造高速船「まりん・あわじ」を手に入れたジェノバラインが、余った他の船を活用して航路拡大を狙ってる!という事なんでしょうか…

明石海峡大橋ができてからの洲本航路の厳しい経緯を振り返ると、同じく復活の話が出ている「深日<->洲本航路」と合わせて、期待と不安が入り乱れている心境です(^ ^;

という訳で、以前の関空<->洲本航路を運航していた「淡路パールライン」の写真を引っ張り出してきて掲載してみます。

Ns_130
パールブライト2(2007年5月撮影)

Ns_131
すっきりしたオーソドックスなデザインの双胴高速船です。
Ns_132
新規導入されてからあまり使われないうちに、航路廃止になってしまったような…

Ns_133
ブリッジ(操舵室)部

Ns_134
とらいでんと 改め、初代 パールブライト(2001年4月撮影)
独創的なデザインが素敵です。
Ns_135

淡路島の 船 写真
http://anma.sblo.jp/article/32752495.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«熊本で震度7の地震