熊本で震度7の地震

強い余震続く、死者9人に=重軽傷390人、2万3千人避難-熊本
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/jiji-2016041500113/1.htm

熊本で大きな地震があった事を知って、驚いてます…
阪神淡路の頃より建物やインフラの耐震性が上がっていることに期待したいですが、それにしても震度7とは余りにも大きすぎます…

地震が起こらない安全な場所などないという現実を、改めて痛感します。
どうかこれ以上被害が拡大しない事を祈ります。

<熊本震度7>横ずれ断層が震源
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000110-mai-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物を粗末にしてはいけないというただそれだけの話

“大炎上中”高嶋ちさ子が初めて明かす「ゲーム機バキバキ事件」の真相
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160224-00005907-sbunshun-soci

物を粗末にしてはいけない」という一言で片付く話を、色々と理屈をこねて正当化しようとする人が現れるので、いつまでも燃料が供給され続けて、いつまでも収束しない展開になってるような…

任天堂も、修理ビジネスをやっているのではなく、ゲームソフトを買ってくれる人へのアフターサポートとしてやっているんでしょうから、故意にハードを破壊する人が増えると、修理代金をアップしたり、修理そのものを打ち切らざるを得なくなるんじゃないかという不安もよぎります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニーランドの思い出

ディズニー値上げ・満足度低下の裏にバイト時給の低迷
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160222-00086687-diamond-bus_all

遠い昔、修学旅行で1度行ったきりですが、あの異様な混雑っぷりは、田舎者の私には無理でした…
アトラクションはもちろん、飲食店も行列でしかも自動販売機はない…

それどころかトイレまで行列ができていて非常にピンチだった事も、今となっては良い思い出…でもなんでもないような、そんな印象です(^ ^;

混雑によって満足度が低下してもなお多くの客が押し寄せて、やっぱり混雑するという状況が、逆に凄すぎるような…
個人的には、もっと近場の普通に乗り物が楽しめて、普通にトイレにも行ける、普通の遊園地に行きたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャノンのiP2700というプリンター

だいぶ前の事になりますが、CanonのiP2700というプリンターに買い替えました。
今まで使ってきたEPSONのPM-920Cは、プリントヘッドの詰まりが直りませんでした。というかヘッド掃除に失敗して壊してしまいましたorz
まだまだ使い続けたかったですが、やるだけのことはやったので、悔いはありません(T-T)

Ns_126

ノズル詰まりのトラブルを考えれば、タンク独立型よりヘッド一体型のインクカートリッジの方が良いと思っていたのと、キャノンのiP2700は、チップリセット不要でインクの詰め替えが可能らしい…という事で、このモデルに決めました。

これまで使ってみて思った事を、書き綴ってみたいと思います。


~ 画質について ~

・特に写真用紙に印刷した時は、色が濃く鮮やかな印象がしますが、写真印刷の細部の表現力は前のプリンター(PM-920C)に負けてるような…
まだいろんなデーターを刷ってみた訳ではないので、使ってるうちに印象が変わるかもしれません。


~ 機能、動作について ~

・CDレーベル印刷機能がない…
買う前から分かってたことではありますが、個人的にはこれが一番の残念ポイントです…

・用紙受け(排紙トレイ)がない…
不便といえば不便ですが、ひと工夫すれば問題ありません。割り切った感じで良いと思います(^ ^;
本体が異様に軽いですが、華奢な感じはしないですね。

・印刷速度はPM-920Cより速いような気がしますが、動作音(給排紙の音)はPM-920Cより大きいです。
Ns_127


~ ランニングコストについて ~

・インクカートリッジはヘッド一体型で、見るからに小さいので、すぐ空になるんだろう?と思ってましたが、想像していたよりはインクの減り方がゆっくりでした。
特にブラックインクは、PM-920Cよりずっと長持ちしそうな気配です。

・インクの値段(ブラック+カラー)より、プリンター本体(インク付属)の方が安いという、明らかに辻褄が合わないことになってます。(少なくとも私が買った時点では)
インクがなくなる度に、本体ごと買った方が、ランニングコストが下がります(汗)

・カラーインクが空になっても、モノクロ印刷できる!点は非常に実用的です。

Ns_128
↑インクカートリッジ
カレーのルーみたいにパック詰めされてます。

Ns_129
↑カートリッジにヘッドが内蔵されてるので、プリンター側にヘッドがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ離れの元凶

常々思っていることがニュースになっていたので紹介します。

GTR、AE86、RX-7。日本の名車を排除する「自動車税制」を考える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000008-zuuonline-bus_all

もう車を持つのは諦めてますorz
公共交通の全く整ってない田舎では、自分の足は自分で確保するしかないというのに、軽自動車の増税も含めて、ダメージが大きすぎます。

これでは地方は人口が流出して当然ですね。
地方創生とか、言ってる事とやってる事が違いすぎるので困ります。

一日に何百キロも走破するなら、少しでも実燃費の良い最新の車に更新していった方が良いでしょうけど、たいして使わない車をわずか13年で更新するなど、資源の無駄遣いでしかありません。

記事にある産業遺産としての車体の保存というのとは外れますが、古い車でも、エンジンチューンや乗せ換え、車体の軽量化、排ガス浄化装置の追加、バイオ燃料への切り替えなど、技術的には環境性能を高めるオプションは色々あるはずですが、そうした部分は殆どクローズアップされないのも変な感じです。

今の車に愛着があるなら修理してでも乗り続ければ良いし、今の車よりずっと魅力的に思える別の車があるのなら乗り換えれば良いし、全てオーナーが決めることです。
オーナーの自由を邪魔するような政策を続けていれば、車への興味が薄れて当然です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«プリンターのインクが完全に詰まりました[2]