« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

服部克久さんとAKB48

私は地デジ難民なので、詳しくは知らないのですが、レコード大賞で服部克久さんが「これが今の日本の歌謡界の現状です」と発言したことが、色々と注目されているようです。

■AKBレコ大に「これが歌謡界の現状」 音楽家・服部克久氏の発言が波紋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121231-00000002-jct-ent

AKB48を指している発言なのかどうか微妙ですが、早速ネットでは服部さんの発言が批判されてますね。

■「これが日本の音楽業界の現状です」発言を批判する 安易なAKB、嵐叩きをやめよ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121231-00000307-agora-soci

むしろ公の場所でAKBに対して少しでも批判的な意見をすると、敏感に反応して叩かれたり、封殺される現状の方が、問題だと思うのですが…
服部さんも、こんなオブラートに包んだような言い方しかできなかったのかも知れません。

総選挙とか握手券とか音楽以外の名目で、1人の客に大量のCDを買うように仕向けるAKB商法の問題は、もはや商業音楽云々の次元を超えています。
その辺りを一緒くたにして、服部さんを偽善者呼ばわりにしたり、(AKB商法的な)売れる努力をしなかったせいで、ランキングから押し出されてしまうアーティストの方が不甲斐ないみたいな論調には到底賛同できないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »