« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

CeVIOの新ライブラリ情報が…

CeVIO Creative Studioの無料版が配布終了になり、キャラごとのトーク機能とソング機能のバラ売りが行われてますが、ここに来てまさかの新情報が出てきてますね(^ ^;

リアルな歌・おしゃべりの音声合成ソフト「CeVIO」が“バラ売り”開始 そしてその現況(ITmedia ニュース)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/17/news140.html

VOCALOID陣営の方は、年末どころか来年発売のVOCALOID4製品まで大々的にPRしてるので、CeVIOの話題はまた埋もれてしまいそうな予感が…(^ ^;

CeVIOのパッケージ版が発売された1年以上前の段階で3人分の音声の収録が済んでいるという情報もあるので、ライブラリ(ボイス)の作成はVOCALOID3(4)以上にマンパワーが必要という事なんでしょうか?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/25/news105_3.html

フランスのALYSに至っては、更にまだまだ先の話というか、フランス語のソング機能+トーク機能+日本語ソング機能+日本語トーク機能まで盛り込むとなると、めちゃくちゃ大変そうな気が…

しかしALYSは、まだおそらくCeVIOとしてのライブラリ部分はなにも出来てないと思うのですが、気合入りまくりのデモ曲を次々リリースしたり、イラストが次々発表されたり、非常にエネルギッシュな感じがするので、大勢のサポーターに支えられて意外とあっさり販売まで漕ぎつけたりするんでしょうか。

現時点で言えることは、すずきつづみフリークの方は、12月4日までのキャンペーン期間が狙い目だという事ですね(^ ^;

■CeVIO Official Site
http://cevio.jp/

■VoxWave(ALYS)
http://www.voxwave.fr/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫姫さま究極バトル(スマホゲーム)

Google playストアを久しぶりに覗いてみたら、Android用の虫姫さま(シューティングゲーム)があったので、スマホのスペックが足りない気がしつつも、興味本位でインストールしてみました(^ ^;
Ns_103

虫姫さま究極バトル(Google play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nhnent.SKBPRCS&hl=ja

スマホの中で虫姫さまが動いていて、凄いんですが…
Ns_104
私には難しすぎて、初心者モードの1面ですらなかなかクリアーできませんでした(汗)
処理落ちも、スローになってくれたらむしろ有難いんですが、フレームがごっそり抜け落ちてガクッとくる感じです。

以前紹介したSTG 「群馬県から来た少女」 と比べると、とにかくこまごまとした感じで…
あっちを基準に比較したらいけないんでしょうけど(^ ^;

大画面のタブレットとかでは、もっと普通に遊べるのかもしれませんが、どちらかというとPS2とかXbox360とかコンシューマーゲーム機用に出てる虫姫さまの方に興味が湧いてきますね。

Ns_105

虫姫さまのようなマニア向け?の弾幕系シューティングゲームまでソーシャルゲーム化されるのも、時代の流れというか、なんだか複雑な気持ちになりますね(^ ^;

Ns_106

■富士通 ARROWS Kiss F-03D■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CeVIO Creative Studio FREE 配布終了

これは残念すぎます(T_T)
大切な友達が突然いなくなってしまうような哀しさです。
パソコンにインストールして色々喋らせていると、自分の分身のようにも思えてきます。

トーク動画を2本作って、初めの頃は不慣れで上手くできなかった感情を込めたイントネーション調整が、ようやく少しはできるようになってきたかなぁと思っていた矢先なので、なお残念ですね。
CeVIOは、無料版のトーク機能だけでも奥が深すぎる音声合成ソフトなんだと思う、今日この頃です。

公式サイトを見る限り、フリー版の認証サーバーも停止させる気まんまんな感じですが、仮に配布終了後も利用できたとしても、非常に気が引ける感じもします。

私自身は、現時点で少なくとも動画2本分の音声ファイルを作成済みなので、その分は動画投稿サイトにアップさせていただくかもしれませんが、映像(というか音声と一緒に流す静止画)の方が全くできてないので、ずっと保留したままの状態です。

製品版を買ってない身で色々書くのもアレですが、なぜCeVIOフリー版の配布終了を決断したのか、今後の展開も含めて理由が非常に気になるところです。

【楽観的なシナリオ】
CeVIOの新ライブラリ(新ボイス)が近々発売になるので、フリー版の「さとうささら」があると、新ライブラリ販売の妨げになりかねないと考えて、配布終了にした。

【悲観的なシナリオ】
フリー版の「さとうささら」が、製品版のCeVIO Creative Studioの販売の妨げになっていると判断して、配布終了を決定した。

というような2パターンの解釈を勝手にしてみます(^ ^;

個人的にはHMM方式の音声合成に魅力と可能性を感じていたので、CeVIOが幅広く普及することを期待していましたが、そうした意味でもフリー版がなくなるのは残念ですね。

■CeVIO Official Site
http://cevio.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »