MSX

SONYのMSX2+パソコンと「F1ツールディスクII」

前回記事で少し触れたように今回は、SONYの「F1ツールディスクII」について軽く紹介していこうと思っていたんですが、自分の中のノスタルジーが爆発して、殆ど思い出語りになってしまってますm(_ _;)m
Ns_149

前回無事MSX実機から起動に成功したと思われていた「F1ツールディスクII」ですが、よくよく調べてみると完全な状態じゃない事が発覚しましたorz

Ns_150
パッケージは紛失してしまっているんですが、辛うじて説明書だけは発掘できました。
Ns_151
説明書によると、「F1ツールディスクII」をドライブにセットしてMSXを立ち上げると、まず起動時のメニュー(タイトル画面)が表示され「 1 GRAPHICS 」を選択すると「グラフィックエディタ Ver.2.0」が実行され、「 2 PROGRAM 」を選択するとBASICのファイラーが実行されるという事になってます。

そしてライトプロテクトノッチが開いていると(書き込み禁止状態になっていると)、起動しないらしいです。

という事で、「F1ツールディスクII」のプロテクトノッチを閉じて起動を試みたんですが、起動時のメニューが表示されず、いきなりBASICのファイラーが起ち上がってしまいます。(グラフィックエディタ Ver.2.0は使用不可)
Ns_152

ブートセクタが壊れているのでしょうか。何か物足りないような気がしてました。
グラフィックエディタ以外は一応動いたので、とりあえず御の字という事にしておきます(^ ^;

さらに調べてみると、「F1ツールディスクII」は、SONYのMSX2+パソコン「HB-F1XDJ」の購入特典として期間限定で添付されていたらしいです。
制作はSONYではなくHAL研究所です。

私はPanasonicのMSX2+ユーザーだった訳ですが、ある日たまたま立ち寄ったパソコンショップで「F1ツールディスクII」が売られているのを発見し、これさえあればSONYのMSX2+オーナーの喜びを(部分的にでも)味わえるんじゃないか!?という謎の高揚感に駆られて買ってしまいました。

「HB-F1XDJ」に元々付属している「ゲームプログラミングツール」というディスクには、「(旧版の)グラフィックエディタ」「FM音源ミュージックエディター」「スプライトエディタ」(F1ツールディスクIIの物と被ってるような…)や、5本のサンプルゲームが収録されていたようです。

当時の広告に出てくる「DEMEROON(デメロン)」というSTGのサンプルは、紙面で見る限りは当時の市販ゲーム並に凄そうなゲームに見えるんですが、実際に店頭で展示されていたデモを見て、余りの動きのカクカクさに驚いたというか、妙に納得した記憶があります。

BASICプログラムを15~20倍の速度で実行できるという「BASICコンパイラ」を搭載した同世代のSANYOのMSX2+機「WAVY70FD」で動かしたら、もう少しスムーズになるんじゃないか?とかそんな妄想をひとり繰り広げてました(^ ^;

そしてSONY最後のMSXパソコンになってしまったXDJの後継機「HB-F1XV」では、「クリエイティブツールII」という「F1ツールディスクII」とは微妙に内容が異なるディスクが付属していました。

「HB-F1XV」には、他にも譜面入力のシーケンスソフト「F1シンセサイザー(シンセサウルス)」、ワープロソフトの「文章作左衛門」が付属するという、とびっきりゴージャスな仕様でした。
今にして思えば、背水の陣のような気合いの入れように見えなくもないですが…

 

「MSX VOICE RECORDER」
Ns_153
今でこそパソコンやスマホで録音・再生できるのは当たり前ですが、当時は録音・再生に必要なPCM音源は高嶺の花でした。(MSXも後にturboRで8bitのPCM音源が付くようになりました)

PCM音源の無いパソコンで録音・再生を可能にするツールがこの「MSX VOICE RECORDER」です。

データーレコーダー(カセットテープ)の入力端子から音声を1bitで録音して、1bitサウンドポートから再生するという古のテクノロジーが使われています。
1bitなので当然音質は悪いですが、それでも意外と聞き取れるのが不思議です。

特定のサンプリングレートでbitを記録するのではなく、0又は1の持続時間を記録しているそうです。

上の写真では試しにサンプルファイルの「OHAYOU.VCD」を開いてますが、「おはようございます」と喋ってる音声が、たった1738バイトしかありません。


「あかしろゲーム」
Ns_154
MSX VOICEを活用したサンプルゲーム。

終始喋りまくるゲームというのも当時は珍しかったので、インパクトありました。


「グラフィックエディタ印刷サンプルデータ」
Ns_155
超久しぶりに拝んだ素敵CGイラスト。懐かしさが込み上げてきました(T-T)
ディスクが壊れてる影響なのか画面の所々にゴミが出てしまってるような…

私は当時、年賀状をこのグラフィックエディタで作って印刷した記憶があるんですが(プリンターはMSX本体と同じくPanasonicのFS-PC1)、カラーのインクリボンの消費量が物凄くて、インク一つで年賀状10枚刷れたかどうかというレベルだった気がします。

滅茶苦茶下手くそなCGを描いて送り付けた恰好ですが、当時はカラー印刷できるワープロは珍しかったので、一部のパソコン仲間にウケて嬉しかった思い出が蘇りました。


「自然画ライブラリー集」
Ns_156
初代MSXの16色に始まり、MSX2で256色同時表示、MSX2+では19268色同時表示可能と怒涛の進化を続けていたMSXパソコンですが、悲しいかな世の中のMSXソフトの殆どは、MSX2か初代MSX用に作られていたので、MSX2+自慢の自然画モードの威力を体験できる機会は非常に限られていました。

なのでたった3枚の画像でも十分嬉しい「自然画ライブラリー集」でした。
Ns_157

Ns_158
後に、パソコン通信をやっていたPC-9801ユーザーのパソコン仲間から貰ったCGデータを鑑賞する目的で、自然画モードやインターレースモードが活躍することに。

お茶の間の(当時の一般的なPCディスプレイよりは)でっかいテレビに繋いでCG鑑賞すると、旧式の8bitパソコンながら妙に優越感に浸れました(^ ^;


「スプライトエディター」
Ns_159
ゲーム作りに役に立つスプライトエディター。

1ラインごとに色指定できるMSX2以降用のスプライトが作成可能。
MSX2+になってグラフィック表示は強化されたけれど、スプライト機能は据え置きだったのは残念でした。


「FM音源データ集」
Ns_160
有名ゲームのBGMやテーマ曲等を、BASICのMMLで再生するプログラムが収録されています。

おなじみのあの曲も、FM音源(OPLL/YM2413)で一味違う演奏が堪能できます。

当時は、PSG音源と比べてめちゃくちゃリアルな音が鳴るなぁ~とテンションが上がったものですが、今聴くと逆に電子楽器らしい素朴な音色が心に沁みます。

| | コメント (0)

超久しぶりにMSXパソコンの電源を入れる

有難くも現在無料公開中の往年のパソコン雑誌「MSXマガジン」を毎週楽しみに読ませてもらってる影響で、私の中のMSX熱がふつふつと再燃してきます。

私が所有している2台のMSXパソコン(Panasonic FS-A1WX)は、今の住処に引っ越して以降、設置する場所が無くて長年しまい込まれたままになってました。
Ns_138
そこで今回は一念発起?して無理やり設置スペースと出力装置(テレビ)を確保して2台のMSXパソコンを引っ張り出してきたのですが…

電源を入れても反応なし!まさかの通電なし状態でしたorz
かつてのMSX仲間から譲り受けたもう一台の方は、起動するもののFDDベルトが劣化していてフロッピーディスクが使用できない状態になってます。

という訳で通電しない方のMSXのカバーを開けて故障原因を探ります。

コンセント側からテスタで導通をチェックしてみると、電源スイッチの接触が怪しいことが判明。
Ns_139
とりあえず電源スイッチを分解してみます。(半田は外さなくても分解できます)

接点が黒く汚れていたのでアルコールで洗浄。
Ns_140
Ns_141

スイッチのケース側の接点も掃除。
Ns_142Ns_143

綺麗になったら、バラバラにしたスイッチの部品を組み直します。
Ns_144
一番下の小さな金属板パーツが中々上手く収まらず、組み立てにちょっと苦戦…

電源スイッチ分解掃除後は、問題なく電源が入るようになりました。
Ns_145
掃除しただけなのでいずれ再発するかもしれませんが、しばらくは大丈夫でしょう。
修復困難な深刻な故障じゃなくてセーフでした(^ ^;
Ns_146
不動のFDDはどうするか?ベルト交換かドライブごと交換か、ドライブ交換はおおごとだし、ベルト交換だと大して使わないうちにまた劣化しそうだし、とりあえず今は保留という事にしておきます。

PanasonicのMSXパソコンをSONYのトリニトロンテレビに繋ぎ、SONYの「F1ツールディスクII」をPanasonicのMSXパソコンで使う。
Ns_147

SONYの「F1ツールディスクII」 手持ちのWindowsパソコンからは認識すらできなかったので、ディスク壊れてるorz と、ずっと思い込んでいたんですが、今回もしやと思ってMSX実機から立ち上げてみたら普通に起動できました。
Ns_148
滅茶苦茶久しぶりに再会を果たせた「F1ツールディスクII」これは予想外の嬉しさです!

「F1ツールディスクII」の内容については、また改めて紹介したいところです。

アカシックライブラリー(MSXマガジン無料公開中)
https://akasik-libraries.jp/

【A2】【MSX0 Card】MSX技術を活用した新世代IoTデバイス
https://kibidango.com/2414

| | コメント (0)

次世代MSX0&MSX3に対する悲喜こもごも

何時もの如く1年ぶりのブログ更新です(汗)
最近は、MSXパソコンが復活するという話を知り、色々な感情が入り乱れて大変ソワソワしております(^ ^;

西和彦、次世代MSXプロジェクト第1弾MSX0のすべてを語る
https://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1473965.html

MSXの初期スペックとか、はじめて知る情報が多くあって大変興味深く読ませていただきましたm(_ _)m
私自身は、クラウドファンディングに参加したり、電子工作に取り組んだりする余裕がすっかり無くなってしまってますが、1990年のturboRで止まってしまっていたMSXパソコンのその先の進化が見れるのは予想外の嬉しさです。

一方で、次世代MSXでは、レトロゲームに否定的なスタンスが伝わって来て、私のような子供の頃にテレビゲーム好きを拗らせて、紆余曲折を経てMSXパソコンを手に入れた者としては、悲しくもあります。

あとは、カシオのMSXは、私がMSXパソコンを欲しい!と思うきっかけになったマシン(値段的に考えてPV-7ではなくMX-10かMX-101だったんだろうと思いますが)なので、悪者扱いなのは個人的には悲しいような(^ ^;

その他PanasonicのA1とか当時のマシンの写真を見るだけで、思い出が込み上げてきて益々とりとめが無くなってきそうなので、今日はこの辺でセーブしておきます(^ ^;

MSX0 Stackで伝説の8ビットMSXパソコンが甦り、IoT用コンピュータに - CAMPFIRE (キャンプファイヤー) (camp-fire.jp)

| | コメント (0)

吉田コンツェルンは楽しい

Ns_011
いきなりでなんですが、MSXパソコン生誕30周年に便乗をお祝いして、密かに制作中のMSX用のシューティングゲーム「アクションKOS選手権」のタイトル画面です。

自分でも色々と酷いと思いますが、なかなか直す気が起こりません(爆)

制作にはMSX用のSTGコンストラクションツールの「吉田コンツェルン」を使用してます。
当時作りかけで放置されていたものを、ちょっと弄くってみよう!という軽いノリでやってます(^ ^;

Ns_012
ちなみに、ゲーム本編はこんな感じです。
完全にネタに走ってます(^ ^;

Ns_013
↑タイトルCGエディット画面。

Ns_014
↑ルーペツールでドット絵的に描いていきます。

Ns_015
↑タイトル画に続いて交互に表示されるストーリテキストを編集中の図。

吉田コンツェルン内蔵のテキストエディタは、(今の基準で考えると)かなり使いにくいですが、テキストファイルのインポート機能があるので、Windows用のテキストエディタで編集した文章を読み込ませてます。

Ns_016

■吉田コンツェルンとデザエモン■

| | コメント (0) | トラックバック (0)